現在地
トップ > 映画 > ランキング > 興行成績

映画:週末興行成績ランキング(2016年6月28日付)

毎週火曜更新!公開中映画の週末興行成績ランキングです。今劇場で人気の映画作品を要チェック!
(2016年6月28日時点)

【全国週末興行成績】2016年6月25日~6月26日
順位 先週 タイトル 公開日 公開週
1位 1 new TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ 6月25日 1
2位 2 up  3 ズートピア ズートピア 4月23日 10
3位 3 down  1 植物図鑑 運命の恋、ひろいました 植物図鑑 運命の恋、ひろいました 6月4日 4
4 even  4 貞子vs伽椰子 貞子vs伽椰子 6月18日 2
5 down  2 64-ロクヨン-後編 64-ロクヨン-後編 6月11日 3
6 down  5 デッドプール デッドプール 6月1日 4
7 down  6 クリーピー 偽りの隣人 クリーピー 偽りの隣人 6月18日 2
8 new 日本で一番悪い奴ら 日本で一番悪い奴ら 6月25日 1
9 down  7 オオカミ少女と黒王子 オオカミ少女と黒王子 5月28日 5
10 down  9 64-ロクヨン-前編 64-ロクヨン-前編 5月7日 8

 人気脚本家の宮藤官九郎が監督した最新作『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』(東宝/アスミック・エース)が288スクリーンで公開され、土日2日間で動員18万8028人、興収2億5811万9400円をあげ、初登場1位を獲得。修学旅行中に交通事故で死んでしまった高校生の大助が目覚めたのはホンモノの地獄。戸惑う大助の前に地獄専属ロックバンド「地獄図(ヘルズ)」のボーカル&ギター担当で地獄農業高校の軽音楽部顧問の赤鬼・キラーKが現れる。大助を神木隆之介、キラーKを長瀬智也が演じ、尾野真千子、森川葵、宮沢りえ、古田新太、桐谷健太、清野菜名らが共演。
 2位の『ズートピア』(ディズニー)は公開から10週目を迎えたが、引き続き好調な成績をキープし、累計動員は557万人、累計興収は72億円を突破した。
 「凶悪」の白石和彌監督が2002年に北海道警察で起きた日本警察史上最大の不祥事とされる“稲葉事件”を題材に、綾野剛主演で描いた『日本で一番悪い奴ら』(東映/日活)が178スクリーンで公開され、土日2日間で動員5万1950人、興収7161万3600円をあげ、8位にランクイン。柔道の腕前を買われて北海道警の刑事となった諸星は、なかなか結果を出せずにいたが、敏腕刑事の村井から裏社会に飛び込み、S(スパイ)を作れと教えられ、Sを率いて危険な捜査に踏み込んでいく。YOUNG DAIS、中村獅童、ピエール瀧、植野行雄、矢吹春奈らが共演。
 惜しくもトップ10入りを逃したが、『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』(松竹)が13位となっている。

提供:興行通信社
2016年の週末興行成績ランキング
最新ランキングを見る 過去のランキングをもっと見る