日本で公開されている週末の映画興行成績ランキング(2014年12月16日付)

【毎日挑戦】今日のクイズ!
楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
サブカテゴリー
人気検索キーワード
ゴーン・ガール
海月姫
ベイマックス
妖怪ウォッチ
現在地
トップ > 映画 > ランキング > 興行成績

映画:週末興行成績ランキング(2014年12月16日付)

毎週火曜更新!公開中映画の週末興行成績ランキングです。今劇場で人気の映画作品を要チェック!
(2014年12月16日時点)

【全国週末興行成績】2014年12月13日~12月14日
順位 先週 タイトル 公開日 公開週
1位 1 new アオハライド アオハライド 12月13日 1
2位 2 down  1 THE LAST -NARUTO THE MOVIE- THE LAST -NARUTO THE MOVIE- 12月6日 2
3位 3 new ホビット 決戦のゆくえ ホビット 決戦のゆくえ 12月13日 1
4 new 仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル 仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル 12月13日 1
5 new 劇場版アイカツ! 劇場版アイカツ! 12月13日 1
6 down  2 寄生獣 寄生獣 11月29日 3
7 new ゴーン・ガール ゴーン・ガール 12月12日 1
8 down  3 フューリー フューリー 11月28日 3
9 down  4 インターステラー インターステラー 11月22日 4
10 down  6 MIRACLE デビクロくんの恋と魔法 MIRACLE デビクロくんの恋と魔法 11月22日 4

咲坂伊緒原作の人気少女コミックを、本田翼・東出昌大のW主演で映画化した青春ラブ・ストーリー『アオハライド』(東宝)が初登場1位を獲得。全国295スクリーンで公開され、土日2日間で動員21万497人、興収2億4336万8800円をあげた。タイトルの「アオハライド」とは“青春(アオハル)”に“RIDE(乗る)”という言葉を組み合わせた造語。中学時代の忘れられない初恋、そして高校生になってからの運命の再会が、主人公2人を取り巻く仲間たちとの友情と共に瑞々しく綴られる。共演に新川優愛、吉沢亮、藤本泉、千葉雄大、高畑充希といった次世代を担う実力派俳優が集結。
 2位の『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』(東宝)はランクダウンするも、公開2週目で早くも累計興収10億円を突破した。
シリーズ3部作の完結編『ホビット 決戦のゆくえ』(ワーナー)は3位に初登場。全国640スクリーンで公開され、土日2日間で動員19万5209人、興収2億8708万5500円をあげた。「ロード・オブ・ザ・リング」へと繋がる遥かなる冒険の終わりを、ピーター・ジャクソン監督が壮大なスケールで描き出す。
歴代ライダーたちが共演する“MOVIE大戦”シリーズの第6弾『仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル』(東映)は4位にランクイン。全国307スクリーンで公開され、土日2日間で動員16万6620人、興収2億0453万6600円をあげた。
全国150スクリーンで公開された『劇場版 アイカツ!』(東映)は5位にランクイン。女の子たちの間で絶大な人気を誇るデジタルキッズカードゲームを基にしたTVアニメの初となる劇場版。土日2日間で動員15万6949人、興収1億7272万7250円をあげた。
7位にデヴィッド・フィンチャー監督が手掛けるミステリー『ゴーン・ガール』(FOX)がランクイン。全国321スクリーンで公開され、土日2日間で動員11万8593人、興収1億5339万9400円をあげた。ベン・アフレックを主演に迎え、妻の突然の失踪をきっかけに、妻殺害の嫌疑で渦中の人となってしまう主人公の秘密と衝撃の顛末を描く。また本作は、第72回ゴールデン・グローブ賞の監督賞、主演女優賞(ドラマ部門)他4部門でのノミネートが発表され、さらなる集客が期待される。

提供:興行通信社
2014年の週末興行成績ランキング
最新ランキングを見る 過去のランキングをもっと見る
キーワード
楽天グループのサービス
サービス一覧
お問い合わせ一覧
社会的責任[CSR]
関連サービス
おすすめ
【楽天カード】楽天スーパーポイントが2倍貯まるクレジットカード。年会費無料。
お買物・ポイント
旅行・エンタメ
マネー
暮らし・情報
ビジネス